2009年03月05日

悼む人

永遠の仔や包帯クラブの作者天童荒太さんの小説です。

こつこつと読みながらやっと読み終えました。

聖者でも偽善者でもなくただ亡くなられた方の亡くなった場所に行き、亡くなられた方を悼む青年が主人公です。

主人公がこのような行動をとる様になったきっかけは親友の死や仕事での出会いなどあるのですが、このような旅をもう5年以上も続けています。

旅の中でのたくさんの人との出会いや主人公の家族のことなど、実際に主人公が悼んだ人たち、とにかく生きるとは死ぬとはを考えさせられました。

ニュースでは自殺者が増えていて月ごとに自殺者数を発表するなどと言われていますが現在の自殺者の増えている理由はやはり経済的な理由が多いのだと思います。

もしも経済的な理由のみならばもっと政治で救えるような気がするので、政府には迅速に経済対策を進めてもらいたいとなぁと思います。

脱線してしまいましたが興味深く読むことが出来、本当に深く考えさせられる作品でした。

最後の方は少し駆け足で終わったような気もしますが多分その部分は自分に合わなかっただけなのだなぁと思います。

時間を改めてもう一度読んでみたいと思います。

以上短いですが感想でした。





ネットショップ運営、あなたの不安はなんですか?アクセスなら全てサポート致します


posted by ひよこ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂漠

伊坂幸太郎さんの小説です。

この小説は青春群像劇になるんですかね。

こう言った本が大好きです。

日常をきれいに描写していて且つ事件性を持ってくる、そして小説ならではの超常現象など違和感なく読むことが出来ました。

主人公の影が薄いところなどは伊坂さんの小説の共通点な気がします。

と、言うか主人公は語り部であり読者代表といった感じなのでしょうか

伊坂さんの小説の中でもかなり好きな本です。

あまり多くはないけれど雑誌連載をチェックしたり単行本が出たときには情報収集することなく買う数少ない作家さんの一人です。

新作がまだ出ないようなのでまた他にも読み返してみようかなと考えたりしています。




○業界初売らないアフィリエイト! 「激ポイント」です。



コインを貯めて、ゲームに挑戦!


お金が増えちゃうオークション


完全無料登録!無料で上質な情報をお届け!【ミリオネア競馬】


posted by ひよこ at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

とらドラ 2

いよいよ今日放送です。

なんかとらドラの話ばっかりしてるような気が・・・

とにかく本当に楽しみです。

最初は櫛枝みのり派だったんですが最近はダントツで大河派です。

本音を言うとあーみん派なんですがwww

寝ないように頑張ってリアルタイムで見たいと思います。

ライトノベルは読んだことないのですがとらドラは原作も違う内容なら見てみたいなぁと思ってます。

ネットショップ運営、あなたの不安はなんですか?アクセスなら全てサポート致します
posted by ひよこ at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。